1つの頂点に3つの直角が集まっている立体は、「直角三角錐」や「3直角四面体」と呼ばれる。この立体に関する計量はたびたび登場する。ここでは、基本的な方法と裏技「四平方の定理」を確認して欲しい。体積から逆算して高さを求める方法は、中学生のときに学習する基本事項なのだが、意外に忘れている人が多いので要注意である。なお、体積を経由せずに高さを求める方法として、ベクトルを利用する方法や点と平面の距離公式を利用する方法があるが、それはベクトル分野で取り上げる。

rectangular-triangular-pyramid

検索用コード