辺や角に関する等式から三角形の形状を決定する問題である。正弦定理と余弦定理を用いて、辺のみの関係式にするのが基本である。考え方は容易だが、正しく同値変形する能力が要求される。角のみの関係式にする方法も考えられるが、この場合、数Ⅱの加法定理や和積の公式が必要になることが多く厄介である。

shape-determination

検索用コード