最難問とは言っていますが、あくまでも大学入試で誘導なしで出題される可能性があるレベルのものです。
いずれも今までに習得した知識の範囲内あるいはその延長線上にある問題で、とんでもないひらめきが必要になるといったようなことはありません。
出題される可能性は低いですが、もし出題されれば多くの受験生は解けないと思われますので大きな差を付けることができるでしょう。

意欲的な学生や難関大学受験生はどうぞ。

問題




解答

(3)~(4)の解答は以下のページで確認。

特殊な置換をする定積分③:√(x2+aa)を含む定積分(高難度)と特殊な置換の根拠

(9)(の特に別解3)については以下のページにより詳しい解説があるので、解答が理解できなかった場合は確認しておくこと。

線対称性に関する等式を利用する定積分


積分計算演習はここまでです。お疲れ様でした(・∀・)ノシ

検索用コード