(2)の原点対称の解答の「y=3x2+5x+1」は「y=-3x2+5x+1」の誤りですm(_ _)m

2次関数に限っては、頂点の移動によって平行・対称移動することもできる。しかし、その方法は他の関数には通用しない上、手順が面倒である。あらゆる関数に通用する一般的な方法で、平行移動と対称移動を行うようにしよう。

平行移動・対称移動が下に示すような置換で可能になる理由は 平行移動の原理 と 対称移動の原理 へ。

parallel-symmetric

検索用コード