absolute-value

検索用コード
全体に絶対値がついている関数$\bm{y=\zettaiti{f(x)}}$のグラフ}}は,\ 簡単に描ける. \\\\  絶対値は,\ 負を正にするものである. \\  よって,\ グラフにおいても負である部分が正となるように図示すればよい. \\  結局図形的には,\ $\bm{\textcolor{red}{x軸より下の部分をx軸で折り返したグラフとなる.}}$ \\  この認識があれば,\ いちいち場合分けすることなく図示できる. \\  ただし,\ 一部だけに絶対値がついているグラフは,\ 場合分けするしかない. \\\\  例として,\ $y=\zettaiti{(x-1)(x-3)}$\ のグラフを描いてみよう. \\  \textcolor{magenta}{まず絶対値の中のグラフを描き,\ その後$x軸で$折り返すだけでよい.} \\  なお,\ 折り返す前のグラフは点線で残しておくのが普通である.