vector-equation-circle

検索用コード
円周上の点P(\bekutoru*p)の満たす方程式が,\ 円のベクトル方程式である. \\  2つの観点から,\ 円をベクトルで表現する. \\\\  $[1]$ \textbf{\textcolor{red}{円周上の点P($\bm{\bekutoru*p}$)と中心C($\bm{\bekutoru*c}$)の距離が$\bm{一定\ (=r)}$である.}} \\\\ \centerline{\textbf{\textcolor{blue}{中心C($\bm{\bekutoru*c}$), 半径$\bm{r}$の円のベクトル方程式}}} \\[.5zh] \phantom{ $[1]$}\ 成分表示にすると,\ \textbf{\textcolor{blue}{座標平面上の円の方程式}}が得られる. \\[.2zh]  $[2]$ \textbf{\textcolor{red}{直径ABに対する円周角が直角である.}} \\[.5zh] \phantom{ $[1]$}\ PがA,\ Bと一致する$\bekutoru{AP}=\bekutoru*0,\ \bekutoru{BP}=\bekutoru*0\ の場合も含む.$ \\[.2zh] \phantom{ $[1]$}\ $\bekutoru{AP}\cdot\bekutoru{BP}=0$を位置ベクトルで表すと円のベクトル方程式となる. \\\\ \centerline{\textbf{\textcolor{blue}{2点A($\bm{\bekutoru*a}$),\ B($\bm{\bekutoru*b}$)を直径とする円のベクトル方程式}}} \\[.5zh]