検索用コード
原点を出発点とし,\ $x$軸上を動く点Aがある.\ サイコロを1回振って3以 \\[.2zh] \hspace{.5zw}上の目が出ると正の向きに1進み,\ 2以下の目が出ると負の向きに1進 \\[.2zh] \hspace{.5zw}む.\ サイコロを6回振るとき,\ 次の確率を求めよ. \\[1zh] \hspace{.5zw} (1)\ \ 点Aが6回目に$x=5$にいる確率. \\[.5zh] \hspace{.5zw} (2)\ \ 点Aが6回目に$x=4$にいる確率. \\[.5zh] \hspace{.5zw} (3)\ \ 点Aが2回目に原点に戻り,\ かつ6回目に原点に戻る確率. \\[.5zh] \hspace{.5zw} (4)\ \ 点Aが6回目にはじめて原点に戻る確率. \\ 3以上の目がn回出る}$2n-6=5\ となる自然数nは存在しない.}$ 3以上の目と2以下の目が同じ回数出るとき,\ 原点に戻る. \\[.5zh] 正の向きに1進む}\left(確率\ 負の向きに1進む}\left(確率\ が対応する. 4通り}の経路を辿るとき,\ 6回目にはじめて原点に戻る. \ サイコロを繰り返し振るとき,\ 各回は独立であるから,\ \bm{反復試行}となる. \\ 総回数が6回であることは決まっている. \\ 後は,\ 3以上と2以下が何回ずつ出ると条件を満たすかを考えればよい. \\ 本問程度ならすぐわかるが,\ 応用性を考えると数式で求めるべきである. \\ 3以上の目がn回出るとき,\ 2以下の目は6-n回出ることになる. \\ \bm{n回は+1進み,\ 6-n回は-1進むと考え,\ 6回振った後の位置を数式で表す.} \\[1zh] (1)\ 最終的な位置2n-6が5となるような回数nを求める. \\ \phantom{(1)}\ しかし,\ 方程式を解いてみると,\ nは自然数にならない. \\ \phantom{(1)}\ これは,\ \bm{6回振った後5となる場合があり得ない}ことを意味している. \\[1zh] (2)\ 方程式を解くと,\ 3以上の目が5回,\ 2以下の目が1回出ればよいとわかる. \\ \phantom{(1)}\ 後は,\ 反復試行の確率として求めればよい. \\[1zh] (3)\ 2回で原点に戻るのは,\ つまり,\ 3以上の目が1回,\ 2以下の目が1回出る場合である. \\ \phantom{(1)}\ さらに,\ そこから4回で再び原点に戻る必要がある. \\ \phantom{(1)}\ つまり,\ 3以上の目が2回,\ 2以下の目が2回出ると原点に戻る. \\ \phantom{(1)}\ 後は,\ 2回で原点に戻る確率と4回で原点に戻る確率を掛ければよい. \\[1zh] (4)\ 条件が複雑になると,\ 単純に反復試行の公式で求めることができなくなる. \\ \phantom{(1)}\ この場合,\ \bm{回数と位置を座標軸とする平面をとり,\ 最短経路問題に帰着させる.} \\ \phantom{(1)}\ \bm{1次元の運動を2次元的に表現すると,\ 視覚的に把握できる}のである. \\ \phantom{(1)}\ 本問程度であれば,\ 経路数が4通りであることはすぐわかる. \\ \phantom{(1)}\ 通常は,\ 最短経路問題の最強手段である\bm{和の法則による数え上げ}を行う. \\ \phantom{(1)}\ つまり,\ ある格子点までの経路数が次のように計算できる. \\ \phantom{(1)}\ \bm{(左上の格子点までの経路数)+(左下の格子点までの経路数)} \\ \phantom{(1)}\ 4通りの経路は,\ いずれも\ \NE\ が3個,\ \SE\ が3個ある. \\ \phantom{(1)}\ 1つの経路をとる確率はであり,\ 4を掛けると求める確率となる.