en-itikankei

検索用コード
2つの円の半径を$r,\ r’$,\ 中心間の距離を$d$とする. 離れている}} & \bm{\textcolor{blue}{外接する}
共通接線\ \bm{\textcolor[named]{RedOrange}{4本}} & 共通接線\ \bm{\textcolor[named]{RedOrange}{3本}}
2点で交わる}} & \bm{\textcolor{blue}{内接する}} & \bm{\textcolor{blue}{もう一方の内部にある}
共通接線\ \bm{\textcolor[named]{RedOrange}{2本}} & 共通接線\ \bm{\textcolor[named]{RedOrange}{1本}} & 共通接線\ \bm{\textcolor[named]{RedOrange}{0本
2点で交わる条件は,\ \bm{2円の中心と交点が作る三角形の成立条件と等しい.} \\[.2zh] また,\ \bm{2円の中心を結ぶ線分(中心線)と共通弦が垂直に交わる}ことも常識としておく.
\中心間の距離が8のとき外接し,\ 2のとき内接する2つの円の半径$r,\ r’\ (r>r’)$を求
2つの円が外接する条件\ d=r+r’\ と内接する条件\ d=\zettaiti{r-r’}\ を連立すればよい.