「e」を初めて見る学生のために軽く説明しておきます。
eは「自然対数の底」と呼ばれる定数で、e≒2.718・・・です。
通常、対数では底eが省略されます。つまり、logxはlogexを意味しています。
このeについては何記事か後で正体を確認します。
ここでは、底がeの式は底がaの式に比べて簡潔な式になっていることに着目しておいてください。

検索用コード
まずは,\ \textbf{\textcolor[named]{ForestGreen}{公式を完璧に暗記}}することが第一段階である. \\[.2zh] \textcolor{orange}{★}は本によっては公式として扱われていないことがあるが,\ 暗記必須である. \\[.2zh] 数I\hspace{-.1em}I\hspace{-.1em}Iの微分積分では計算量が膨大になる. \\[.2zh] 少しでも計算量を減らすため,\ 頻出の微分は公式として覚えておくべきなのである. \\[.2zh] 無駄な計算を減らすことは,\ 時間短縮だけでなくミスの減少にもつながる. \\[.2zh] 数I\hspace{-.1em}Iと同様,\ 微分の後に増減表を書いたり積分して面積を求めたりと続くのが普通である. \\[.2zh] もし微分の時点で計算ミスしてしまうと,\ その後の問題が全滅することになる. \\[.2zh] 素早く正確に微分できるようにしておかなければならず,\ 公式暗記はその大前提である. \\\\\\
の関数}}(\alpha:実数)$ \\f{三角関数}} &
指数関数}} &
{対数関数}}