high-order-expression

検索用コード
方程式による高次式の次数下げ}}を行い,\ 低次にしてから代入する. \\ 方程式があれば,\ 高次式の次数を必ず方程式の次数よりも低くできる.}} \\\\  事前準備として,\ まず次の処理を行う. \\  \textbf{\textcolor{red}{根号や虚数を右辺に分離してから両辺を2乗し,\ 方程式を$\bm{=0}$に変形}}する. \\\\  この方程式を利用した次数下げの方法は2つある. \\  それぞれの長所・短所を理解して使い分ける. 方程式を繰り返し適用して徐々に次数を下げる(次数が低いなら楽)} 方程式を最高次の項について解く. \\ すると,\ \bm{(2次)=(1次)}\ となるから,\ これを利用すると2次式を1次式にできる. \\ 高次式にこれを繰り返し適用していけば,\ 最終的には1次式にできるはずである. \\ \bm{求値式の次数が低い}場合,\ この方法で素早く次数下げができる. 整式の割り算を利用して一気に次数を下げる(高次なら強力)} として両辺を2乗すると 4 \bm{=0となる式で割り,\ 割り算について成り立つ等式を作成}する. \\ 商の部分が消えるから,\ 結局余りだけが残り,\ これに代入すれば済む. \\ 求値式が何次であれ,\ 2次式で割るから必ず余りは1次式となる. \\ \bm{求値式の次数が高い}場合,\ この方法でなければ面倒である. \end{array}}\right]$}}