maclaurin-expansion


多項式の次数が高くなるほど元の関数に近づいていく(近似の精度が高くなる)。n=1のときが接線(1次近似)である。


検索用コード