組分けは、単純な問題は教科書レベルの基本問題であるが、実際には「モノが区別できるか否か」「組が区別できるか否か」「組の要素の個数が決まっているか否か」「要素の個数が0個の組があってもよいか」で求め方が変わるため、ランダムに出題されると非常に混乱しやすいので、扱い方をよく確認しておいて欲しい。なお、重複順列や重複組合せについては、実質同じ問題を各項目ですでに取り上げている。都合上、解答は式だけの簡潔なものにとどめたが、記述試験では適度に自分の思考を説明しておくこと。

groupinggrouping2

検索用コード