数B 数列

文字通り数の列を考える分野である。数の列の規則性を探り、一般化していくことが目標である。この分野はかなり型にはまった問題(パターン問題)が多く出題される。それゆえ、各パターンをしっかりと認識しておくことが重要である。

また、数列分野では多くの公式が出てくる。これらは丸暗記ではなく、どのようにして導かれたのかという公式の成り立ちを理解した上で暗記することが重要である。

なお、数列分野は、検算が容易な分野の1つである。一般化したnの式が求まった後、常にn=1、2など簡単な数字を代入し、問題と矛盾しないかを確認する癖をつけておこう。これで自分が求めた答えが正しいか否かがほぼ瞬時に判断できる。試験で高得点をとる人は常にこの検算を行っているのである。


当カテゴリ内記事一覧

ページの先頭へ