数Ⅲ 曲線の媒介変数表示と極座標・極方程式

問題の流れから言えば、まず曲線の媒介変数表示を求めた後、さらに面積・体積・長さを求めたり、各曲線の性質を追求することになる。つまり、媒介変数表示を求める時点で間違えてしまうことは、その後の全滅を意味する。

代表的な曲線の媒介変数表示に関しては式を覚えておくとよい。特に、2次曲線(放物線、円、楕円、双曲線)の媒介変数表示は重要である。

その他、サイクロイドとアステロイドは頻出中の頻出であり、式と概形を覚えておくべきである。

極方程式自体は出題率は高くないので軽視されがちだが、考え方は他分野にも通じるところが大きいので、しっかりと理解しておきたい。直線や2次曲線の極方程式が最重要である。その他、極方程式で表される曲線として代表的な曲線も式と概形を覚えておくべきである。


印刷することを想定し、当カテゴリをまとめ直したpdfファイルを販売しております。

※ DLmarketが長期メンテナンス中につきメールを介した直接販売を行っています。詳しくは pdf販売フォーム へ。

DLmarketで購入

当カテゴリ内記事一覧

ページの先頭へ