数Ⅲ 数列の極限と関数の極限

極限分野は、単純な極限計算がほとんどの割合を占める。極限は直感とはかけ離れていることも多いので、その扱いに戸惑うことも多いだろう。また、今までの常識とは方向性が異なる変形も要求される。とにかく、多くの問題演習をして慣れることが重要である。

応用的な極限計算では、数Ⅲの微分・積分の知識が必要になるものがある。微分・積分を未学習ならば、学習後に確認してもらえればよい。微分・積分が絡むパターンは、それだけ出題されやすい重要なパターンであることも認識しておいて欲しい。

極限の学習をしていく中で、「何故こうなるの?」といった疑問を生じることがあるかもしれない。しかし、極限を厳密に議論しようとするとすぐに高校範囲を超えてしまうので、そういうものだと思って学習を進めることになる。


当カテゴリ内記事一覧

ページの先頭へ