数Ⅱ 複素数と方程式

数Ⅱのこの分野では、3次以上の高次方程式の扱いや新しい数である虚数や複素数の基本事項とその数式的応用を学習する。

これは、複素数の図形的応用である複素数平面(数Ⅲ)へとつながっていく。

入試でメインになることが少ない分野であるが、様々な問題の中でこの分野の内容が常に絡んでくる。特に単純な計算問題については解けるというだけでなく、「素早く解ける」までに習熟しておかなければ他分野の足を引っ張ることになるので注意してほしい。


当カテゴリ内記事一覧

ページの先頭へ