中学数学 数と式

当カテゴリの学習内容

  1. 正の数と負の数(1年)
  2. 文字と式(1年)
  3. 式の計算(2年)
  4. 数の性質(3年)
  5. 多項式(3年)
  6. 平方根(3年)

正の数と負の数(1年)

『正の数』や『0』に加えて新たな数として『負の数』を導入し、その足し算・引き算・掛け算・割り算を学習する。

基本計算はただ解けるだけでなく、いかに速く解けるかが重要である。計算スピードが遅いと試験や受験で圧倒的に不利になるので、この段階で繰り返し問題演習し、計算スピードを強化しておくことが重要である。大げさではなく、計算スピードの遅さは大学受験にまで影響する。将来、「中学1年生の時にもっと計算力を強化しておけば・・・」と後悔しないで済む。

文字と式(1年)

文字を活用することで「一般的に考える」ことが可能になる。その意義を理解するには時間がかかるだろうが、問題演習を繰り返す中で徐々に理解を深めていくとよい。1つの文字を含む式の扱いや計算についても学習する。

式の計算(2年)

ここでは複数の文字を含む式の計算を学習する。『文字と式』分野をきちんと学習済みならば、基本的に同じこの分野の学習は容易だろう。

数の性質(3年)

数の中で整数だけがもつ特有の性質について学習する。「最大公約数」「最小公倍数」「余り」「素数」「素因数分解」など新たな用語が次々と登場するうえ、その意味を理解するのが難しく学習がやっかいな分野である。

多項式(3年)

『展開』と『因数分解』という式変形について学習する。大学受験まで見据えたとき、最重要分野の1つである。繰り返し問題演習し、素早く式変形できるようにしておかなければならない。

平方根(3年)

新たに2乗の逆をした『平方根』という数を導入する。平方根の扱いとその足し算・引き算・掛け算・割り算を学習する。やはり、ただ計算できるだけでなく、「素早く」計算できるように繰り返し問題演習する必要がある。


当カテゴリ内記事一覧

ページの先頭へ